つみたてNISAの投資枠年間40万円を使い切るのが良いとは限らない

pc-bigbanner2

2018年1月からつみたてNISAが始まりますが、現行NISAで続けるか、つみたてNISAに移行するか、迷っている方も多いと思います。

投資枠と投資期間が違いますし、許容リスクや年収によってそれぞれ投資スタイルが違いますので一概にどちらが良いとは言えません。

年収1500万円の人も年収200万円の人も、つみたてNISAの投資枠40万円は変わりませんからね。

ここでは年収300万円程度の僕なりの考え方を紹介します。

ちなみにNISAには現行NISA・つみたてNISAの他にもジュニアNISAもあり、考え方が複雑になっています。

関連記事:ジュニアNISAこそ非課税期間20年にしてほしかった

これまで僕は月3万円ずつ現行NISAに積み立てていたので、来年からつみたてNISAに移行してもちょうど投資枠年間40万円に収まりほぼ最大限に活かした使い方ができます。

しかし過去を振り返ってみると問題点も。

昨年2016年一年間でのNISAでの投資信託購入は36万円、しかし現金としての貯蓄が10万円ほど減っていたのです。

つまり、純粋な積み立てとしては26万円分プラスでしたが、残りの10万円分は現金を切り崩して投資信託を購入していたことになります。

これは毎月の積立額が多過ぎたということですね。

もし毎月の積立設定額を2万円にしていれば、24万円の投資信託購入に加え、現金2万円の貯蓄ができていたと言えます。

数回の臨時支出があっただけで思ったよりも現金が減っていたりするので、正確にどれくらい現金が増減していたのか把握するのは難しいです。

さらに遡ると、以前は月4万円ずつ積み立てていた年もあり、その際も同様の現象が起きたため月3万円に減らしたのですが、僕の場合はもっと積立額を減らしてもいいのかもしれません。

積立投資って毎月資産が増えているような感覚はあるから「資産を築いている気」にはなっちゃうんですよね…。

スポンサーリンク
pctop-rectangle

そもそも年間40万円も現金で貯蓄できているのか。

iDeCoなどもそうですが、投資枠を最大に利用しようとすると、相当の手取り額が必要になります。

iDeCoはサラリーマンの場合毎月2万3000円、つみたてNISAは毎月3万3000円ずつ積み立てるのが最大限に活用する使い方ですが、これって僕には不可能です。

手取りから生活費を引いて、そこからさらに合計5万6000円も毎月積み立てるなんてとてもできません。

専門家は「投資枠ギリギリまで目一杯積み立てて最大限利用しましょう!」と言うでしょう。

そりゃ分かるけど…。

大事なのは積立額自体は少なくても長期的に続けることであり、積立額が拠出できないという理由で積立を辞めたり、積立額が多過ぎてリスクを取り過ぎバランスを崩してしまっては意味がない。

投資枠を使い切らないとなんとなくもったいない気もしますが、そこに固執してしまっては本末転倒。

年間40万円の貯蓄が容易な方であれば「年間たった40万円なんて少ない」と思うでしょうけども、そもそもそれができていない場合は、まず自分が可能な年間貯蓄額を把握して、それに合った積立額を設定することのほうがよっぽど大切です。

僕は過去の反省を活かして、また最近は株価が高いので、来年の1月からは毎月1万5000円か2万円に設定しておいて、株価が下がってきたらまた毎月3万円に戻そうかなと検討中です。

ちなみにこれまではニッセイ外国株式インデックスファンドニッセイTOPIXインデックスファンドを積み立てていましたが、これからは楽天・全世界株式インデックスファンドもしくは楽天・全米株式インデックスファンドに変更しようかなとこちらも検討中です。

あのVTやVTIが積立できるなんてサイコー。

スポンサーリンク
pctop-rectangle
pctop-rectangle